求人サイトの人気職種と難易度

転職サイトを見ると数多くの求人が掲載されており、一体どの求人へ応募しようか迷う事もあるでしょう。そして近年はインターネットサイトが充実しており、パソコンやスマートフォンで簡単に求人を検索出来る様になりました。そしてインターネットを通じて応募まで出来る時代となりましたので、企業への応募がより簡単になった言えるでしょう。応募が簡単になったという事は、より多くの求職者が応募をしている事を意味し、倍率が高くなる可能性も秘めています。そんな求人サイトの中でどの様な職種が人気があるのでしょうか。まずは技術職や専門職はあまり人気が高くない傾向になります。なぜならばそもそも専門的なスキルや技術を持っている人が少なく、応募者が多くないためです。しかしその分一般的な総合職は人気が高い傾向にあります。例えば営業職やサービス業は特に高いスキルを求める事も少なく、未経験者でも歓迎という言葉が並ぶほどですので、多くの求職者にチャンスがあると言えるでしょう。そんな総合的な職種の中でも特に給与が高い企業は非常に人気が高くなります。やはり給与で比較すると、給与が高い方が魅力的に感じる事もあるでしょう。その他には企業の福利厚生でも大きな違いが出てきますので、福利厚生が良い企業も人気の傾向にあります。人気がある企業の求人は、難易度が高く倍率も高くなると認識しておきましょう。しかしその分採用人数が多い可能性もありますので、企業の大小で判断しても良いでしょう。この様に求人から様々な企業の特徴や、人気企業かどうかを判断する事が出来ます。気に入った企業がある場合は、その他の企業とも比較をしてみて、人気の度合を自分なりに研究してみても良いでしょう。

求人情報から会社の内情を読み解くコツ

求人情報には、会社が表に出さない内情が詰まっています。しかし、その読み取り方にはポイントがあり、見過ごしてしまうことが多い所でもあります。もし、読み方を知っていれば、自身に合わない求人を省くことも難しくはないでしょう。まず、最初に見るべきものは残業時間です。これはもっとも目安として見やすい所です。残業時間があまりに多い会社は敬遠されがちですし、それを見た人に対して格好も付きません。しかし、嘘を書くのも難しい所です。そこで、平均残業時間を使います。例えば、忙しくない人たちと一緒に計算したり、暇な時期の残業時間で計算するわけです。この数字が10時間より大きい場合、その倍は残業があると考えた方が良いでしょう。次に、年間休日数と従業員数を見ると良いでしょう。これが両方とも極端に少ない場合、その会社は資金繰りが厳しい状況に置かれているか、社員を必要以上に働かせている等の理由で社員が辞めやすい環境になっている会社である可能性が高いです。ブラック企業の多くはこの二つが極端に少ない事が多いため、注意して見ると良いでしょう。募集や仕事内容などのメッセージ文でも内情を読み取ることはできます。特に仕事の内容の部分がどこの会社でも使いそうな、特徴のない謳い文句である場合、それはそのまま特徴のない会社であると言えます。これは、会社としての売りがない、という事でもあるため、ポリシーがない会社です。また、ポリシーのない会社は経営者の気分で方針が変わってしまう事が多く、それを止めるためのルールも存在しないのです。もちろん、上記の場合でも例外はあります。しかし、これらに該当する会社は、面接の段階で同じ判断を下すことが出来るのです。時間は有限です。自身にあった会社を選ぶためには、求人情報の切り捨ても必要になるのです。

巷で耳にする「空求人」は本当にあるのか

空求人とは、企業は新たに人を雇う気がないのに求人広告に情報を載せていることです。応募すると定員に達したので応募を締め切ったなどと断られます。空求人を載せると企業側にメリットがあるので、被害に遭う人も減りません。最も多く載せられるのがハローワークと言われています。ハローワークに空求人を載せれば、宣伝コストを抑えながら企業の存在を知らせることができます。また無料で人事部が仕事をしていると社内にアピールすることができます。さらに新入社員が入った時に、若手育成のために面接を練習させようと載せる場合もあります。この場合は、面接に対して従業員は意欲的ではないので、面接時間になっても20分以上待たされたり、面接する内容が薄かったりと適当な態度で進められます。ハローワークなどの求人広告は、募集内容が少ないと募集をかけるように要請するため、良好な関係を維持するために、必要のない募集を出します。実際に載せられる空求人の特徴は、常に募集していることです。イベントに関係なく従業員を雇おうとしており、非常に高いスキルを持った即戦力以外は最終選考に残りません。また採用する人数も多いです。もし本当に従業員が必要な場合は、従業員の入れ替わりが激しいブラック企業の可能性があるので、連絡しない方が良いです。さらに未経験者でも受け入れるアピールにも注意します。中には本当に人材育成を考えている企業もあります。しかし未経験者では明らかに手の負えない業務内容である場合は、実際には募集していないことが多いです。そして書類選考があることも多いです。人気のある業種では書類選考で人数を絞る必要がありますが、空求人でも書類選考で全員を不採用にして面接を行わないことがあります。